アナルコ・キャピタリズム研究(仮)

大英博物館でお金の世界史を学ぶ

06/12/05 今日は休みで大英博物館に行き上階にある「お金」のコーナーをじっくりと見てきた。中国の貝貨やヤップ島の石貨までもが展示してあり、入り口から順に見ていくとお金の起源はもちろん「金貨からゴールドカードまで」などお金の歴史が実物とともに詳細にわかる。英国銀行のミュージアムは主にイギリスの銀行史だけだが大英博物館ではお金の世界史が学べる。 金(ゴールド)が不必要だとして価値がおかれない地域もあったとか、お金に使われる金属が道具に変えることができたから人々はお金に価値をおいたとか、現代人にはちょっとピンとこないことが説明してある。昔の人は女王の顔が書かれた紙でなく銅剣を通貨とした。


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー