アナルコ・キャピタリズム研究(仮)

リバタリアンvs.プライバシー権 

06/02/16 先日紹介したエネミー・オブ・アメリカについてもう少し。

映画では政府の職員たちがハイテクを駆使して盗聴や盗撮をやりまくる。 私人の私人に対するものであっても盗聴や盗撮はおかしいと普通は直感的におもう。 しかしプライバシーというのは場合によってはリバタリアンも簡単に擁護できなくなる。 (「プライバシー権」などというのはさらにあやしくなる。 これについてはL@Jに詳しい。) プライバシーについて考えるときはまずその定義や具体的状況をはっきりさせることが大事である。

ロスバードとD・フリードマンの議論を映画に関連する部分で少しだけ紹介しておく。

  • The Ethics of Liberty by Murray N. Rothbard
    16. KNOWLEDGE, TRUE AND FALSE
    In short, as in the case of the “human right” to free speech, there is no such thing as a right to privacy except the right to protect one’s property from invasion. The only right “to privacy” is the right to protect one’s property from being invaded by someone else. In brief, no one has the right to burgle someone else’s home, or to wiretap someone’s phone lines. Wiretapping is properly a crime not because of some vague and woolly “invasion of a ‘right to privacy’,” but because it is an invasion of the property right of the person being wiretapped.

    要点: 誰も人の家に盗聴器を仕掛けることはできない。それが犯罪であるのは、あいまいな「プライバシー権の侵害」だからではなく、財産権の侵害だからだ。

    管理人注: 映画では高性能集音マイクや隠しカメラを使って、かなりの部分で財産権をはっきりと侵害することなしに盗聴や盗撮が行われる。

  • Privacy and Technology by David Friedman
    Privacy and Government
    The case of privacy from government differs from the case of privacy from private parties in two important respects. The first is that although private parties occasionally engage in involuntary transactions such as burglary, most of their interactions with each other are voluntary ones, which makes it less likely that someone else having information about me will result in an inefficient transaction. Governments engage in involuntary transactions on an enormously larger scale. The second difference is that governments almost always have an overwhelming superiority of physical force over the individual citizen. It follows that while I can protect myself from my fellow citizens, to a considerable degree, by locks and burglar alarms, I can protect myself from government actors only by keeping from them the information they need to benefit themselves at my expense.

    要点: 政府は巨大な規模で非自発的交換を行う。また政府は物理的力で 圧倒的に個人より勝る。わたしは施錠や警報機で他の個人から身を守ることはできる。 だが、わたしの負担で何かを得ようとする政府から身を守るには、政府がそのために必要とする情報を隠しておくしかない。


  • 広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー