アナルコ・キャピタリズム研究(仮)

資本主義のトラック(翻訳)


以下は David Friedman の The Advantage of Capitalist Trucks を翻訳したものです。アナルコ・キャピタリストの言う私有コミュニティが地方政府とどう違うかについて書かれてあります。

The Advantage of Capitalist Trucks
資本主義トラックの利点

One argument often made against institutions of complete laissez-faire is that government intervention is needed to provide commonly used facilities such as roads and sidewalks and to deal with such mundane externality problems as the conflict between my desire to play loud music at night and my neighbor's desire to sleep. One reply sometimes made by libertarians is that most such problems can be dealt with by proprietary communities. The developer who builds a group of houses also builds the local streets and sidewalks; each purchaser receives, along with his house, the right to use the common facilities and to have them maintained. Each purchaser also agrees, when purchasing, to pay his share of the cost of such maintainance, according to some preset formula.

訳:完全な自由社会に対する反論でよく見られるものの一つは、 道路・歩道といった公共設備の供給や、 夜間大音響で音楽を楽しみたい私とベッドで眠りたい隣人との 利害衝突といった外部性問題の解決には 政府の介入が必要であるというものである。 そしてそれに対するリバタリアンの反論で時折見られるものの一つは、 このような問題の大部分は私有コミュニティによって解決されるというものである。 集合住宅を供給する住宅開発会社は道路や歩道も作る。 家を購入する人は公共設備を使用する権利とそれを保全してもらう権利を得る。 購入者はあらかじめ設定された算出方式に従って公共設備の維持費用を分担することに同意する。

Such private arrangements, which are in fact quite common, can deal with externalities as well. A colleague of mine used to point out that in his (private) community he could not repaint his front door without the permission of his neighbors--that being one of the terms of the contract for that particular community. In a condominium, which is essentially the same arrangement packed into a single building, the contract is likely to include procedures for resolving disputes among neighbors as to what behavior in one apartment inflicts unreasonable costs on adjacent apartments. In any proprietary community, the contract is likely to contain arrangements by which the signatories can jointly modify it in order to deal with new circumstances.

訳:そのような私的な解決は実際によく見られるものであるが、それは外部性についてもうまく対処している。私の同僚がよく言っていたものである。 自分の住む(私有)コミュニティでは近所の許可なしにドアの色も変えられないんだよと。 それは契約条項の一つだったのだ。マンションというのは一つの建物に全住人が入るというだけで本質的に私有コミュニティと同じだが、 その契約には隣の部屋に不当なコストを負わせる行為に関連した トラブル解決ルールが含まれているだろう。 またどのような私有コミュニティにおいても、 新しい状況に対処するために契約の当事者たちがそれを修正できるということは多いはずだ。

The existence of such institutions raises an interesting question: In what sense are they not governments? As a British acquaintance put it to me, his relationship with his condominium association and his local authority are essentially the same. Each of them has authority over his behavior as a result of his decision to live in a particular place--an apartment in the condominium in the local authority. Each imposes rules on him. Each "taxes" him--although the condominium does not call the money it collects for maintanance and repairs taxes. Each can change the rules and the taxes imposed on him by similar, democratic methods--a vote of his fellow citizens in the one case, his fellow residents in the other. While the condominium association may be a useful solution to a set of problems, in what sense is it a private solution? Or, to turn the argument around, if libertarians approve of such institutions when they are called condominium associations or proprietary communities, why do we disapprove of them when they are called governments?

訳:こういう私的な制度は興味深い問題を提起する。 どういう意味でそれらは政府でないのか?知人のイギリス人は マンションの共同管理組合と地方自治体は本質的に同じだと言っていた。 それらはいずれにしても彼がある特定の場所、つまり地方自治体の中のマンションの一室に住むという行為に対して何かしらの権威をもつ。 どちらの団体も彼にルールを課す。またどちらも彼に「課税」する。 (マンションがその管理費を税金と呼ぶことはないが。) どちらもルールと税金を民主主義的方法で課す。 (一方は市民の投票で、もう一方はマンション住民の投票で。) ではマンションの共同管理組合が一連の問題のよい解決法だとして、 いったいそれはどういう意味で私的な解決と言うのか? 別の言い方をすると、そのような制度がマンション共同管理組合あるいは私有コミュニティと呼ばれるときはリバタリアンは是認するのに、 なぜそれが政府と呼ばれるときは認めないのか?

One possible answer to this question is to invoke libertarian ideas of natural rights by arguing that the proprietary community, unlike the government, came into existence without violating anyone's rights. The developer bought the land from its owners and resold it to purchasers who had agreed to the government-like restrictions included in the purchase contract. The local government, on the other hand, came into existence because, at some point in time, a majority of the inhabitants (or possibly a majority of the citizens of some larger political body within which it is located) decided to create it--thus imposing their rules on everyone already living there, whether or not he agreed.

訳:この問題に対する一つの答えは リバタリアンの自然権の議論から出てくる。 つまり私有コミュニティは政府と違って他人の権利を侵害することなしに存在している。 住宅開発会社はまず土地をそれらの所有者から買い、 政府的な制限が契約に含まれていることに同意した購入者だけに売る。 一方、地方政府が存在するのは、過去のある時点において 住民の多数派(場合によってはその場所が立地する国の多数派)がそれを作ることを決めたからである。 同意していようといまいと、それら多数派が そこへ住んでいるすべての人間に自分たちのルールを課す。

That is a possible answer, but I do not think it is one likely to convince many non-libertarians, nor is it one that I find terribly interesting. The purpose of this essay is to offer another answer, and one that does not depend on our particular view of rights. There are good practical reasons why the way in which the "government-like" institutions came into existence matters, quite aside from the question of whether anyone's rights were violated in the process.

訳:この答えは妥当なものである。だがそれは多くの非リバタリアンを納得させるものとは思えないし、私にとってもおもしろい答えではない。 この小論の目的は別の答えを提供するものであり、 それは権利に対する特定の見方に依存しない。 「政府的な」制度があったとして、なぜその存在の仕方が問題になるか ということについてはもっと実用的なよい理由がある。 そしてこれはその過程で誰かの権利が侵害されるかどうかといった話とは まったく関係がない。

To see the reasons, consider the following question: You wish to buy a truck, and have a choice of two. One was built in Detroit, one was built in the Soviet Union. Which do you choose?

訳:ヒントとして次の問題を考えてみてほしい。 あなたはトラックを買いたいと思っていて、2つの選択肢がある。 一つはアメリカ製、もう一つはソ連製。どっちを選ぶか?

Most people would choose the capitalist truck. Why? Both are trucks. If they are identically built, they should function in exactly the same way--why does their history matter? Why should we care about the ideology of a truck?

訳:ほとんどの人が資本主義のトラックを選ぶだろう。 なぜか。どちらもトラックである。 もしそれらがあらゆる点で同じものだとしたら、 トラックはまったく同じように機能するはずだ。 なのになぜトラックの歴史が問題になるのか?なぜトラックのイデオロギーを気にするのか?

The answer, of course, is that the two trucks are not identically built. The capitalist truck was built under a system of institutions in which people who build bad trucks are likely to lose money. The communist truck was built under institutions in which people who build good trucks are likely to lose money, and often other things as well--since the result of building good trucks is likely to be not meeting your assigned quota for the month. Even before checking out the trucks, we have a good reason to expect that the communist truck will be worse built. In particular, we can expect that it will be heavier--since quotas were frequently set, not in number of trucks, but in tons of trucks.

訳:答えはもちろん、2つのトラックは同一でないということである。 資本主義のトラックは、悪いものを作る人は金を失うという 制度のもとで製造される。 共産主義のトラックは、良いものを作る人は金プラス別のものを失うという 制度のもとで製造される。 これはよいトラックを作ることが 月の割り当て量を達成しないことを意味するからである。 われわれはトラックを調べる前から共産主義のそれが劣っていることを知っているのである。それだけでなく、それが重いだろうということも知っている。 割り当てはしばしば数でなくトンで設定されるからである。

Precisely the same answer can be made for the difference between the "government" of a condominium or proprietary community and the larger government within which it is located. The private developer who created the former had a private incentive to design the best possible political institutions. What he was selling, after all, was both a house and a share in a "government." The more attractive the form of the community association appeared to the purchaser, the higher the price he would be willing to pay for the house.

訳:これとまったく同じ議論が、マンションあるいは私有コミュニティにおける「政府」とそれらを含むより大きな政府との間でも成り立つ。 前者を作る私的な住宅開発会社は、可能な限りベストの政治的制度をデザインする私的なインセンティブがある。結局のところ、彼が売っているのは家と「政府」の分担の両方である。そしてコミュニティの管理組合制度の魅力が増せば増すほど、 購入者が家に支払ってもよいと思う価格は上がるだろう。

It could be argued that a similar constraint applies to the political institutions that create and modify local governments. The voters, after all, also want to live under desirable institutions, so the political entrepreneur who is creating a new local government or modifying an old one also has an incentive to try to create attractive institutions. That is true to some degree, but much less than in the case of the proprietary community. There are reasons why democracy does not work nearly as well as capitalism.

訳:地方政府を作ったり改革したりする政治も似たようなものだと思うかもしれない。有権者も結局のところ魅力的な制度のもとで暮らしたいし、 したがって新しい地方政府を作ったり古い地方政府を改革したりする 政治的企業家も魅力的な制度を作ろうというインセンティブがある。 これはある程度まで真実である。だがそのインセンティブは私有コミュニティの場合に比べればずっと小さい。 民主主義がその機能性で資本主義にとうてい及ばないのには理由がある。

For one thing, the individual voter has very little incentive to try to find out whether the proposed political changes are actually in his interest, since his vote has only a small chance of determining what actually happens. The individual purchaser, on the other hand, "votes" by buying or not buying a house in the community. If he votes no, he will not be under that particular set of institutions, if he votes yes he will, so he has a substantial incentive to investigate the institutions before he buys--or at least to check out current property values and the current condition of common facilities in previous communities sold by the same developer. That argument is one of the reasons why not only communist trucks but even democratic socialist trucks are likely to run worse than capitalist trucks.

訳:一つは有権者個人に、提案された政治的変化が実際彼の利益になるかどうかということを知ろうとするインセンティブがほとんどないことである。 実際に起こることについて彼の一票は小さい影響力しかもたないからだ。 一方、コミュニティの購入者個人は家を買うか買わないかということで「投票」する。 彼が反対票を投じるなら、ある特定の制度のセットのもとで彼が暮らすことはない。 彼が賛成票を投じるなら、家を買う前にその制度を調べてみる強いインセンティブがある。 少なくともその住宅開発会社が以前に販売したコミュニティについて、 現在における資産価値と公共設備のコンディションをきちんと調べようとするだろう。 以上の議論は、共産主義だけでなく民主社会主義のトラックもまた 資本主義のトラックに劣るだろうという理由の一つでもある。

One of the most important characteristic of a government is its size. The average American lives under a local government ruling at least tens of thousands, perhaps hundreds of thousands, of citizens. The average inhabitant of a condominium or proprietary community, I would guess, lives under a "private government" of about a hundred citizens. I doubt this is an accident. My suspicion is that local governments are bigger than proprietary communities for much the same reason that communist trucks are heavier than capitalist trucks.

訳:政府の最も重要な特徴の一つはそのサイズである。 平均的なアメリカ人は、少なくとも何万人おそらくは何十万人もの市民が暮らす自治体に住んでいる。一方、マンションあるいは私有コミュニティの平均的な住人は だいたい100人程度の「私的政府」のもとで暮らしている。 このことはけっして偶然ではないだろう。 地方政府が私有コミュニティより大きいのは、 共産主義トラックが資本主義トラックより重いのと ほとんど同じ理由にちがいない。

The preference for capitalist trucks is not merely a matter of libertarian ideology. A sensible communist would also prefer capitalist trucks. Indeed, communists who had the opportunity to shop in the West--an opportunity frequently given as a reward for party loyalty and other communist virtues--routinely demonstrated their preference for capitalist goods by buying them in as large a quantity as possible. More recently, what used to be the Communist world has demonstrated its preference for capitalist trucks on a somewhat larger scale.

訳:資本主義のトラックを好むのはリバタリアンだけではない。賢い共産主義者なら資本主義のトラックを好むだろう。実際、西で買い物をする機会のあった共産主義者たち――それらの機会は党への忠誠に対する報酬として頻繁に与えられた――は、いつもできる限りたくさん購入することによって資本主義商品を好むことを顕示した。 最近ではかつて共産主義であった国が少し大きいスケールで資本主義トラックへの選好を見せ始めている。(訳者注:東欧などの民主化・市場経済化のことと思われる。)

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー