アナルコ・キャピタリズム研究(仮)

あなたはリバタリアン?――自分の政治的立ち位置を知る


World's Smallest Political Quiz は簡単な質問に10個答えるだけで 自分の政治的立場がわかるというものです。 質問はつぎのようになっています。

[個人に関する質問]
・政府は言論・出版物・メディア・インターネットを検閲すべきでない。
・兵役は志願制であるべき。徴兵はだめ。
・同意する成人のセックスに対する規制はなくすべきである。
・成人がドラッグを所有・使用することは許されるべきだ。
・国民総背番号制のようなものはなくすべきである。

[経済に関する質問]
・「企業助成」をやめよ。政府は企業に金を渡すな。
・政府は国際自由貿易の障壁を作るのをやめよ。
・人々は自分で老後をコントロールすべきだ。社会保障制度は民営化せよ。
・公的な福祉制度は私的なチャリティで置き換えよう。
・税金も政府支出も50%以上ずつ削減されるべきだ。

それぞれの質問には「賛成」「たぶん賛成」「反対」のいずれかで 答えます。

回答はポイント化されます。 計算式は
<賛成の数×20+たぶん賛成の数×10+反対の数×0>
です。 ここで個人に関する質問と 経済に関する質問は別々に集計されます。

判定は以下の図を用いて行なわれます。

たとえば個人に関する質問のポイント(P)が40、 経済に関する質問のポイント(E)が40なら Centrist になります。いわゆる中道です。

同様に

(P, E) = (80, 20) なら Left (Liberal)
(P, E) = (20, 20) なら Statist (Big Government)
(P, E) = (20, 80) なら Right (Conservative)

というふうになります。

ここで Left (Liberal) は左翼(リベラル)です。 政府の介入を政治的にはよしとせず、経済的にはよしとする人になります。 Right (Conservative) は右翼(保守)です。 政府の介入を政治的にはよしとして、経済的にはよしとしない人になります。 Statist (Big Government) は国家主義者(大きな政府志向)です。 政府の介入を政治的にも経済的にもよしとする人になります。

さて最後に残ったのが Libertarian です。 たとえば (P, E) = (80, 80) なら Libertarian になります。聞きなれない言葉ですが、 これは政府の介入を政治的にも経済的にもよしとしない人です。 Libertarian は「自由至上主義者」とも訳されますが、 「リバタリアン」とそのまま訳さずに使うのが一般的です。

リバタリアンの考え方はリバタリアニズム(Libertarianism)といわれます。 本サイトで紹介するアナルコ・キャピタリズムは ふつうリバタリアニズムの(極端な)一派として扱われます。


◆参考サイト

World's Smallest Political Quiz
http://www.self-gov.org/quiz.html

Libertarian FAQ
http://www.self-gov.org/library/libertarian-faq.html

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー